GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストはドナルド・トランプ大統領を支持するようなツイートを削除しており、先日の入国と移民に関する大統領令を受けてドナルド・トランプ不支持に転向したのではないかと報じられている。

昨年12月にカニエ・ウェストはトランプ・タワーで次期大統領と面会を果たしており、ドナルド・トランプは二人の関係について「長年の」友人だと語っていた。カニエ・ウェストは面会後、ドナルド・トランプと会った理由について「様々な文化的問題について語り合う」ためだったと説明し、「もし本当に変化を望むのであれば、次期大統領と直接コミュニケーションをとれるラインを持っておくことは重要だと思ってるんだ」とツイートしていた。

しかし、これらのツイートは現在削除されており、入国と移民に関する大統領令を受けて不支持に回ったのではないかと見られている。

カニエ・ウェストが公の場でドナルド・トランプを批判したことはないが、妻のキム・カーダシアンは先日行われた「女性のマーチ」で行進に参加する写真をインスタグラムで公開している。また、キム・カーダシアンは前任のバラク・オバマ元大統領とカニエ・ウェストを含む家族で写った写真も1月に公開している。

カニエ・ウェストとドナルド・トランプ大統領は面会を果たしたが、カニエ・ウェストは就任記念コンサートでのパフォーマンスには招待されておらず、就任委員会の責任者であったトム・バラックはカニエ・ウェストの音楽が「伝統的かつ一般的な点でアメリカ的ではない」のがその理由だったと語っている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ