GETTY

Photo: GETTY

デクラン・マッケンナがテレビ番組「ボックス・フレッシュ」のセッションの中で、ビヨンセの“Hold Up”のカヴァーを披露している。

“Hold Up”は、ビヨンセの最新作『レモネード』に収録されており、ビヨンセ、ディプロ、ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグらが共作した楽曲となっている。また、“Hold Up”のソングライティング・クレジットには、ファーザー・ジョン・ミスティ、MNEK、“Maps”の歌詞が引用されているヤー・ヤー・ヤーズの名も挙げられている。

デクラン・マッケンナによるカヴァー映像はこちらから。

デクラン・マッケンナは昨年『NME』に対して、宗教、トランスジェンダーの問題、FIFAの汚職といったテーマを取り扱っているという自身の楽曲について次のように語っている。「こうした問題について語りたがっている人間として若い人たちが敬意をもってくれたら、クールなことだと思うよ」

「多くの人は分かってないんだよね。知性のある若者がどんな感じで、彼らがどれだけこうしたトピックについて考えているかっていうのをね」と彼は続けている。

ハートフォードシャー出身のデクラン・マッケンナは『NME』に真の変化をもたらす若者の力について次のように語っている。「EU離脱や世界中でファシストのリーダーが出現しているのは暗いことだけど、僕らはそう言ったものに対抗するよ。実際、物事は変わるだろうからね。だって、僕らが未来になるわけでね。それは期待の持てることだからね」

デクラン・マッケンナは今年のサマーソニックに出演することが発表されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ