PRESS

Photo: PRESS

ザ・ビーチ・ボーイズの名作『ペット・サウンズ』についての新たなドキュメンタリーが、今年アメリカのケーブル局「ショータイム」で放送されることが決定している。

『ペット・サウンズ』は1966年5月にリリースされて以来、音楽やポップ・カルチャーに多大な影響を与え続けており、ポップ・ミュージックの最高傑作の一つとされている。

今回、ドキュメンタリー番組「ビーチ・ボーイズ:メイキング・ペット・サウンズ」が春にアメリカの「ショータイム」で放送されることが発表されている。このドキュメンタリーにはザ・ビーチ・ボーイズのリーダーであるブライアン・ウィルソンをはじめ、メンバーのマイク・ラヴ、アル・ジャーディン、ブルース・ジョンストン、デヴィッド・マークスらへのインタヴューが盛り込まれ、さらにスタジオの映像やレコーディングの未公開音源といったアーカイヴまでを掘り下げたものとなっているという。

イギリスでの放送は未定だが、アメリカでは4月に「ショータイム」で初回放送が行われる。

昨年、リリースから50周年を記念してデラックス盤が発売された『ペット・サウンズ』だが、ブライアン・ウィルソンは『ペット・サウンズ』の再現ライヴ公演を続けており、2017年にはUKで公演を行う予定となっている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ