GETTY

Photo: GETTY

ドナルド・トランプ大統領が現地時間1月27日、シリアからの難民の受け入れを120日間停止し、イラク、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、イエメンというイスラム教徒が多数を占める国からの入国も90日間停止する大統領令に署名したことを受けて、ミュージシャンたちが反応を示している。

リアーナ、アーケイド・ファイアのウィン・バトラー、ザ・ルーツのクエストラヴ、デッドマウス、チャーリーXCXらがソーシャル・メディアで自身の意見を表明している。

また、グライムスとシーアは移民の禁止に反対する団体に寄付を行うことを表明している。

ミュージシャンによるソーシャル・メディアへの追悼は以下の通り。

「うんざりね! ニュースに打ちのめされてる! アメリカは私たちの目の前で破滅してしまった!こんなデタラメを実行するために、モラルのない豚にならなきゃならないなんてね」

「スティーヴ・ジョブスの父親はシリア人で、彼はアメリカ人家族の養子になった。今回のことは気違い沙汰であり、アメリカの利益に反するものだ」

History Has Its Eyes On You. Know what is right. Know what is wrong.

Questlove Gomezさん(@questlove)が投稿した写真 –

「歴史があなたを見ています。何が正しいかを分かってください。何が間違っているかを分かってください」

「素晴らしい。トランプが移民を禁止した。メラニアも送り返したほうがいいと思うけどね」

「今回の難民とムスリムの禁止はバカげてて、間違ってて、悲痛で、恐ろしくて、後ろ向きで、憎しみに満ちていて、そしてものすごく悲しい」

「アメリカで暮らすイスラム教徒の家族を持つ身として、到底理解できない。なんてバカげたことが起こってるの?」

「みんな、マッチングでの寄付を10000ドル分、CAIRに行いたいと思うの。みんなの寄付記録のスクリーンキャプチャーをツイートして。何でも助けになる」

「私たちのクィアーや移民の友達を助けて。ACLUへの寄付の記録を私に送って。私は10万ドルをマッチングで寄付するわ」

※公開後、記事を修正しました

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ