GETTY

Photo: GETTY

映画『T2 トレインスポッティング』のサウンドトラックよりヤング・ファーザーズの楽曲“Only God Knows”の音源が公開されている。

“Only God Knows”にはリース・コングリゲイショナル・クワイアーが参加しており、監督のダニー・ボイルは続編となる映画の「心臓部」を担った曲の一つと評している。

彼は次のように語っている。「『トレインスポッティング』の原作というのは現代版の『ユリシーズ』みたいなものなんだよね。比類なきものだと僕は思ってて、それを読むというのは『心に大海が押し寄せる』とでも言うべき体験なんだ。いつだって映画の心臓部となるものを探しているけど、『トレインスポッティング』の時は“Born Slippy”だった。『T2 トレインスポッティング』ではヤング・ファーザーズだったんだ。僕にとっては彼らの曲がこの映画の心臓部だった。“Only God Knows”にもそういう激しさがあるよね。海と。心と」

楽曲のストリーミングはこちらから。

『T2 トレインスポッティング』のサウンドトラックのサウンドトラックは以下の通り。アルバムは1月27日にリリースされる。

1. ‘Lust For Life’ – Iggy Pop (The Prodigy Remix)
2. ‘Shotgun Mouthwash’ – High Contrast
3. ‘Silk’ – Wolf Alice
4. ‘Get Up’ – Young Fathers
5. ‘Relax’ – Frankie Goes To Hollywood
6. ‘Eventually But (Spud’s letter to Gail)’ – Underworld, Ewen Bremner
7. ‘Only God Knows’ – Young Fathers
8. ‘Dad’s Best Friend’ – The Rubberbandits
9. ‘Dreaming’ – Blondie
10. ‘Radio Ga Ga’ – Queen
11. ‘It’s Like That’ – RUN-DMC, Jason Nevins
12. ‘(White Man) In Hammersmith Palais’ – The Clash
13. ‘Rain Or Shine’ – Young Fathers
14. ‘Whitest Boy On The Beach’ – Fat White Family
15. ‘Slow Slippy’ – Underworld

映画『T2 トレインスポッティング』はアーヴィン・ウェルシュによる続編『ポルノ』を原作としたもので、UKでは1月27日に、日本では4月8日に公開される。

映画のプレミア試写会は先週末エジンバラで行われ、ユアン・マクレガー、ロバート・カーライル、ジョニー・リー・ミラー、ユエン・ブレムナーがレッド・カーペットならぬオレンジ・カーペットに登場している。

先日、アーヴィン・ウェルシュは更なる続編の可能性について語っている。「おそらく『トレインスポッティング』をテーマにした映画があといくつかできる余地はあると思うよ。このシリーズに関して何が起ころうとしているかは誰も分からないんだ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ