GETTY

Photo: GETTY

ブライアン・イーノはアメリカでドナルド・トランプが大統領に就任し、UKでEU離脱が起きたことについて「ケツを叩いてくれた」という点では「喜んでいる」と表現している。

ブライアン・イーノは『ガーディアン』紙に次のように語っている。「僕の知っているほとんどの人は2016年は衰退の始まりだったと感じてるんだよね。EU離脱も、トランプも、ヨーロッパでのナショナリストの台頭もね。どんどん事態は悪化しているように見える。でも、僕は言うんだ、『違った考え方をしてみないか?』って。実は、2016年は長い衰退の終わりなんだよ」

彼は次のように続けている。「サッチャーやレーガンの時代から40年にわたって衰退が続いていたんだ。アイン・ランドの思想は政治レベルにまで浸透し、おそらく僕らは底を打ったんだよ。EU離脱に対する僕の感情というのは誰かに対する怒りじゃなく、何が起きているのか理解していなかった自分に対する怒りなんだ。イギリス独立党や国民戦線の人々というのは幻想だと思ってた。けれど、その後、思ったのは『クソ、自分たちのほうじゃないか。幻想だったのは自分たちだ。それに気付いていなかった』ってことだった。革命が醸成されていて、それに気付いてなかったんだ。だって、僕たちがその担い手じゃなかったからね。僕らは自分たちが革命になると期待してただけなんだ」

「実際、今にして思えば、トランプについてもEU離脱についても、僕は喜んでいると考え始めてたんだ。なぜなら、ケツを叩いてくれたからね。必要なことだったんだよ。じゃないと変えようとしなかっただろうからね。ヒラリー・クリントンが勝って、僕らがこれまで通りで、構造全体を彼女が踏襲し、クリントン家の神話となった時を想像してみればいい。それが僕がことさら求めてた未来だったかは分からないんだ。止めるまでの動きはゆっくりとしたものになってただろうしね。一方、トランプであることで、正真正銘の崩壊や再考するチャンスがあるわけだからね」

富の不平等についてブライアン・イーノは次のように語っている。「上位62人の富豪が所有する資産が下位35億人の資産と一緒なんだよ。わずか62人っていうね! 血塗られた1台のバスに彼らを乗せて……衝突させてみればいい」と語り、「そんなこと言っちゃいけないけどね」と笑っている。

1月1日に新作『リフレクション』をリリースしたブライアン・イーノは新年にあたって長文のメッセージを公開していた。

その全文訳はこちらから。

https://nme-jp.com/news/31823/

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ