GETTY

Photo: GETTY

イギー・ポップとデンジャー・マウスのコラボレーションによる、クライム・スリラー映画『ゴールド』のサウンドトラックのための楽曲がオンラインで公開されている。

2人は先日、スティーヴン・ギャガンが監督を務め、マシュー・マコノヒーが主演を演じる同作への参加により、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされている。

映画のタイトルと同名の楽曲“Gold”は、ダニエル・ペンバートンによるマカロニ・ウェスタン風映画主題曲だけでなく、イギー・ポップの2009年の楽曲“I Want to Go to the Beach”で見られる低音による歌唱法もインスピレーションになっているという。

本名をブライアン・バートンというプロデューサーのデンジャー・マウスに関して、イギー・ポップは米『ローリング・ストーン』誌に対して次のように語っている。「スタジオで彼はすごく熱心に、精力的にヴォーカルに指示を出してくれてね。それはプロデューサーと働く時には望むべきものだよね」

「言葉の区切り方や、イントネーション、母音の発音とかそういった類のものをたくさんね。少しずつ曲は良くなってきて、より会話らしく、より単調ではなくなったんだよ」と彼は続けている。

2人は以前にも、スパークルホースの今は亡きマーク・リンカスとのアルバム・プロジェクト『ダーク・ナイト・オブ・ザ・ソウル』のため、2010年にも楽曲を共作している。

イギー・ポップは先日、サーストン・ムーアとともにラフ・トレード制作のショート・フィルムに出演している。二人はそれぞれのキャリアや互いの音楽への賞賛について語り合い、さらにチャック・ベリーの“Johnny B. Goode”をカヴァーしている。

昨年3月にイギー・ポップは7作目のスタジオ・アルバム『ポスト・ポップ・ディプレッション』をリリースしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ