GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーの息子のレノン・ギャラガーはトップマンのファッションショーでモデルとしてデビューを果たし、父親のリアム・ギャラガーは「すごく誇りに思う」と述べている。

17歳のレノン・ギャラガーは現地時間1月6日に開催されたロンドン・ファッション・ウィークのメンズ・ショウにおけるトップマンの2017年秋冬コレクションに出演している。

レノン・ギャラガーの写真は以下の通り。

GETTY

Photo: GETTY

GETTY

Photo: GETTY

父親のリアム・ギャラガーは「今日、初めて息子のレノンがキャットウォークをやったんだけど、すごく誇りに思うよ」とツイートしている。

公式のトップマンのインスタグラムでも彼の写真が投稿され、「見てください:レノン・ギャラガーが初めてキャットウォークに登場し、見事にやってくれました」というキャプションを添えている。

レノン・ギャラガーは元妻のパッツィ・ケンジットの間に1999年に生まれ、名前はザ・ビートルズのジョン・レノンにちなんでいる。

2012年の『NME』のインタヴューでジョン・レノンへの憧れをリアム・ギャラガーは次のように語っている。「ジョン・レノンは俺にとってすべてなんだ。ポール・マッカートニーより素晴らしいソングライターだとかそんなことを言うつもりはないよ。二人とも違う人として生まれ、二人とも素晴らしかったんだ。でも、俺はレノンの曲のほうが好きで、彼の曲のほうがちょっと美しくて、ちょっと狂ってるからなんだよ」

先日、リアム・ギャラガーは亡くなったジョージ・マイケルをネタにジョークを言ってきたツイッター・ユーザーを一蹴している。

その顛末はこちらから。

https://nme-jp.com/news/31571/

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ