Andy Ford/NME

Photo: Andy Ford/NME

ジョージ・マイケルの訃報を受けて、マーク・ロンソンは彼が自身に与えた影響についてツイートしている。

ジョージ・マイケルは現地時間12月25日に「自宅で穏やかに息を引き取った」と彼の広報担当者によって発表されている。

エルトン・ジョン、クイーンのブライアン・メイ、ブライアン・ウィルソン、デュラン・デュランらも訃報を受けて追悼の意を表明しているが、マーク・ロンソンはジョージ・マイケルの楽曲に言及しながら、自身に与えた影響についてツイートしている。

マーク・ロンソンによる一連のツイートは以下の通り。

「15歳の誕生日に『リッスン・ウィズアウト・プレジュディス』を買ったんだ(そして崇拝した)。この曲がスティーヴィー・ワンダーに導いてくれたんだ」

「グローバルのポップの現象としてだけでなく、ジョージ・マイケルは真のブリティッシュ・ソウルの偉人の一人だった。僕らの多くが返すことのできない借りを彼には負ってるんだ。さようなら、ジョージ」

「26歳でこんな曲を書くなんて、なんて輝かしく壊れた天才なのだろう」

「そして、この曲を20歳で書いたんだ。90年代のニューヨークのヒップホップ・クラブでかけても瓶を投げられることのなかった白人アーティストによる5曲のうちの1曲だね」

「この曲でホーンの入ってくるところが、僕に音楽を作りたいと思わせた瞬間の一つなんだ。僕が成長する上でね」

本名をヨルゴス・キリアコス・パナイオトゥーというジョージ・マイケルは10代でワム!としてデビューし、キャリアを通して1億枚以上のアルバムを売り上げており、最近はノーティー・ボーイと共にニュー・アルバムに取り組んでいると報じられていた。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ