PRESS

Photo: PRESS

ロイヤル・ブラッドが「2017年」とタトゥーを入れる動画を公開している。

ロイヤル・ブラッドは今年4月に新曲“Where Are You Now”の音源を公開し、この曲はミック・ジャガーとマーティン・スコセッシによる1970年代のニューヨークの音楽業界を描いたドラマ・シリーズ「ヴィニル(原題:Vinyl)」の中で使用されている。

また、ロイヤル・ブラッドは2015年のレディング・フェスティバルで新作に収録されると見られる新曲“Hook Line And Sinker”を披露しているほか、『ワールドサッカー ウイニングイレブン2016』のサウンドトラックにデビュー・アルバムの“Figure It Out”が使用されている。

タトゥーを入れる動画はこちらから。

ロイヤル・ブラッドは『NME』に対して、ツアー・バスに簡易スタジオを作って、レコーディングに取り組んでいたことを明かしている。

「バスの後ろにスタジオを作ったんだ」とフロントマンのマイク・カーは『NME』に語っている。「いろんなものが落っこちてきて、曲を書くのも大変なんだけどね。だって、運転手はすごく大きなカーヴを曲がったりするからね。僕らの曲を作る根城だよ。ヴォリュームを下げてクリント・イーストウッドの映画をかけてるんだ」

また、バンドはファースト・アルバムに近い作品を作ろうとしているという。「バンドの原動力を再発明する必要もないからね」とし、ファースト・アルバムと同じような予算、同じような楽器でアルバムを制作しているという。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ