GETTY

Photo: GETTY

現地時間12月17日、エイフェックス・ツインはアメリカで8年ぶりとなるライヴを行っている。

エイフェックス・ツインの名で知られるリチャード・D・ジェームスはビョークやトラヴィス・スコット、ラン・ザ・ジュエルズと共にヒューストンの「デイ・フォー・ナイト」フェスティバルに出演している。エイフェックス・ツインのアメリカでの最後のライヴは2008年のコーチェラ・フェスティバルとなっている。

この日のセットでは“Samurai”、“Polynomial-C”、“Posers”といった楽曲を披露し、ステージは巨大な照明伴ったものとなっている。

パフォーマンスの映像はこちらから。

#aphextwin

HaigTcholakianさん(@haigomatic)が投稿した動画 –

❤️🌺❤️🌺❤️#rdj #aphex #footwork

Makum Floresさん(@seablvze)が投稿した動画 –

APHEX TWIN!!!! AND A STORM IS BREWING! Please Be safe everyone~~ #aphextwin #houston #dayfornight

Jessica June Kimさん(@jessicajunekim)が投稿した動画 –

フェスティバル会場では新たなレコードも販売され、真っ白のアートワークにはAFXやワープ・レコーズのロゴとフェスティバルの会場名と日付が記されていたという。

エイフェックス・ツインは来年開催されるロンドンのフィールド・デイに出演することも決定している。

先月開催されたロンドンのインディペンデント・レーベル・マーケットでスクラッチカードが配布され、それを削るとエイフェックス・ツインのロゴが出てくるという形で出演が発表されている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ