DAVID REDFERN/GETTY

Photo: DAVID REDFERN/GETTY

カリフォルニア州の研究者は新たに発見した植物にジミ・ヘンドリックスにちなんだ名前をつけている。

メキシコのバハ・カリフォルニア州で発見されたこの植物はメキシコ語で「ダドレーア・ヘンドリキシー」、英語で「ヘンドリックスズ・リヴフォーエヴァー」と名付けられている。

リヴフォーエヴァーとは日本語ではベンケイソウと呼ばれ、膨大な寿命を誇る多肉植物の一種となっている。

30センチ弱の細長い形状のこの植物はピンクがかった白い花を咲かせ、夏に枯れた後、秋に再び芽を伸ばすという。

サンディエゴ州立大学は元卒業生のマーク・ドデロが植物を発見したと発表しており、その際、ジミ・ヘンドリックスの楽曲“Voodoo Child”を聴いていたと言われている。

マーク・ドデロとカリフォルニア大学のスティーヴン・マッケブはジミ・ヘンドリックスにちなんだ名前にすることを決めたという。しかし、この植物は農業と開発、そしてオフロード・カーの運転により既に絶滅の危機にあるという。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ