PRESS

Photo: PRESS

フランク・オーシャンのアルバム『ブロンド』の楽曲クレジットが8月のリリースに続いて、ようやく明らかになっている。

フランク・オーシャンがリリース時に発行した雑誌『ボーイズ・ドント・クライ』の中でデヴィッド・ボウイやカニエ・ウェスト、ジェイミー・エックス・エックス、ビヨンセらが『ブロンド』収録の17曲に寄与していることは発表されていたが、誰がどの曲で、何に寄与しているかは明らかにされていなかった。

アルバムのリリースから約1ヶ月後、著作権管理団体のASCAAPによって『ブロンド』の作曲クレジットは発表されていたが、アルバム全体のクレジットについては明らかにされていなかった。

「ピッチフォーク」によれば、先月のブラック・フライデーである11月25日にフィジカルでアルバムがリリースされたことを受け、あるレディット・ユーザーがCDのクレジットの写真をアップしたという。

それによれば、カニエ・ウェストは“White Ferrari”の共作者としてクレジットされ、ビヨンセは“Pink + White”のバッキング・ヴォーカリストとしてクレジットされている。しかし、以前公開されていたクレジットに反して、ジェイムス・ブレイクは“White Ferrari”にはクレジットされていない。

ジェイムス・ブレイクは代わりに“Solo”、“Solo (Reprise)”、“Godspeed”のプロダクション、アレンジ、キーボーディストとしてクレジットされている。

その他にもダーティー・プロジェクターズのアンバー・コフマンが“Nikes”で追加ヴォーカルとしてクレジットされており、ヤング・リーンは“Godspeed”でヴォーカリストとしてクレジットされている。

一方、フランク・オーシャンは2017年にロンドンで開催されるラヴボックス・フェスティヴァルのヘッドライナーを務めることが発表されている。

2017年のラヴボックス・フェスティヴァルはロンドンのヴィクトリア・パークで7月14日と15日の開催される。フランク・オーシャンは金曜日のヘッドライナーを務めるとされている。

プレル・リリースには次のように記されている。「想像力豊かなアーティストであるフランク・オーシャンは現代で最も有名で高く評価されているアーティストの一人としての地位を築き上げました……フランク・オーシャンは間違いなく忘れられないラインナップをリードする存在であり、ロンドンのラヴボックスをフェスティバル・シーズンを決定づけるようなものにしてくれるでしょう。今回の素晴らしいヘッドライナーは、これから発表されることになるラヴボックス2017の素晴らしいお知らせの第一報となります」

この発表はフランク・オーシャンのライヴ復帰を意味しており、彼は2014年7月以来ライヴを行っていない。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ