Matt Salacuse/NME

Photo: Matt Salacuse/NME

レディオヘッドのエド・オブライエン、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング、ヤー・ヤー・ヤーズのカレンOらは、ケイト・ナッシュが発表したスタンディング・ロック・スー族の抗議者に対する警察の行動に関するバラク・オバマ大統領への公開書簡に署名している。

ケイト・ナッシュはこの公開書簡を発表し、共同署名者を募っていた。スタンディング・ロック・スー族の抗議者は37億ドル(約4200億円)の建設費で建設されるダコタ・アクセス・パイプラインに反対している。このパイプラインはノース・ダコタ州からイリノイ州まで原油を運ぶものとなっている。この抗議運動はスタンディング・ロック・スー族をはじめ、アメリカ全土のネイティヴ・アメリカンが率いるものとなっている。

「ノイジー」で発表された公開書簡は、抗議者に対する虐待的措置について言及しており、
陸軍工兵部隊や司法省、そしてアメリカ大統領に宛てて、警察が抗議者に行っている「非人間的方策」を訴えるものとなっている。

「非暴力の抗議者に対して行われている警察の行動に我々はすごく動転しています。そこでは非常に攻撃的な方策がとられています。氷点下でのキャノンでの水放射や化学兵器、ゴム弾、攻撃犬といったものです。これらは第二次世界大戦や公民権運動でも使われた非人間的方策です」

先に述べたレディオヘッドのエド・オブライエン、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロング、ヤー・ヤー・ヤーズのカレンOに加え、パラモアのヘイリー・ウィリアムズ、シーア、スカイ・フェレイラもこの公開書簡を支持している。

ケイト・ナッシュは抗議者を支持していたニール・ヤングやマック・デマルコに加わる形となっており、ニール・ヤングは11月28日にフェイスブックで長文のテキストを投稿しており、バラク・オバマ大統領に対して「スタンディング・ロックの平和的な抗議者への暴力について介入して、ただちに止めてほしいんだ」と述べている。一方、マック・デマルコはインスタグラムに投稿したサンクスギビング・デイのメッセージで抗議者と「連帯して立ち上がったんだ」と綴っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ