GETTY

Photo: GETTY

ボブ・ディランは現地時間11月30日にホワイト・ハウスで開催された今年のアメリカ人ノーベル賞受賞者によるバラク・オバマ大統領との懇談会を欠席したという。

「残念ながら、ボブ・ディランは本日ホワイト・ハウスにいらっしゃいませんでした。けれど、そのおかげで全員リラックスすることができました」と広報秘書官のジョシュ・アーネストは語っている。

バラク・オバマ大統領は10月にボブ・ディランのノーベル文学賞受賞が発表されたツイッターで祝福している。「ノーベル賞に値する僕の大好きな詩人の一人、ボブ・ディランよ、おめでとう」

毎年、ノーベル賞を発表しているスウェーデン・アカデミーは先日、ボブ・ディランが12月10日に行われる授賞式を欠席することを発表している。

スウェーデン・アカデミーは声明を発表し、ボブ・ディランから私信を受け取り、そこでは「先約」があるため授賞式には出席しないことが説明されていたという。

声明は「2016年12月10日から6ヶ月以内に行われる、唯一のお願いである、ボブ・ディランの記念講演を我々は楽しみにしています」と続けられている。

今回、スウェーデン・アカデミーは新たな声明の中でこう述べている。「例年、12月7日に開催されてきたノーベル賞の記念講演について(映像の上映など)別のプランを企画しないことを決めました」

「来年、ストックホルムでボブ・ディランが出演を果たす機会が設けられます。可能であれば来春が考えられていて、これはボブ・ディランが講演を行う絶好の機会となるでしょう。情報を取得次第、新たな情報をお伝えしていきます」

ボブ・ディランのフェイスブックによれば来月に予定されている公演はなく、「先約」とは個人的なものだと見られている。

ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞については10月13日に発表されている。スウェーデン・アカデミーは「アメリカの伝統音楽にのせて、新しい詩の表現を創造した」ことを功績として挙げている。当初、ボブ・ディランはノーベル文学賞受賞について沈黙を続けていた。

最終的にノーベル文学賞受賞の発表から約2週間後にボブ・ディランは受賞について語っている。

「にわかには信じられないね」とボブ・ディランは述べている。「(ノーベル賞を受賞できるなんて)素晴らしいし、途轍もないことだし。こんなことになるとは夢にも思わなかったよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ