GETTY

Photo: GETTY

ロッド・スチュワートはアーケイド・ファイアに続いて2017年のワイト島フェスティバルの2組目のヘッドライナーとして発表されている。

来年のワイト島フェスティバルはニューポートのシークロース・パークで6月8日から6月11日にわたって開催される。アーケイド・ファイアは土曜日のヘッドライナーを務めることが既に発表されていた。

ロッド・スチュワートはこれが来年イギリスで行われるフェスティバルへの唯一の出演となり、6月11日の日曜日のヘッドライナーを務めるという。今年はクイーン+アダム・ランバートが同じ日曜日に出演しており、その前の年はフリートウッド・マックが日曜日のヘッドライナーを務めている。

ロッド・スチュワートは今回の発表について次のように語っている。「私は幸運にも世界中のたくさんの素晴らしい会場やフェスティバルで演奏をしてきました。しかし、伝説的なワイト島フェスティバルでは一度も演奏したことがなかったのです。それを正せることができて、すごく興奮しています。6月が待ちきれません」

フェスティバルの主催者であるジョン・ギディングスは次のように続けている。「もう何年間もロッド・スチュワートにはこのフェスティバルに出演してほしいと思っていました。50年を超えるキャリアと共に彼は途轍もないアイコンとなっており、ファンでいないことは不可能です。日曜の夜を忘れられない瞬間にするべく、ものすごいエネルギーを持ち込んでくれるでしょう」

元々、1968年から1970年に開催されていたワイト島フェスティバルは2002年より復活を果たしている。今年は58000人が訪れ、ステイタス・クォー、フェイスレス、ステレオフォニックス、ザ・フー、リチャード・アシュクロフト、クイーン+アダム・ランバート、オーシャン・カラー・シーンらが出演している。過去のヘッドライナーとしてはデヴィッド・ボウイフー・ファイターズ、ザ・キラーズ、ブラー、フリートウッド・マック、ザ・ローリング・ストーンズらが出演している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ