GETTY

Photo: GETTY

ドクター・ドレーは、1999年に発表した『2001』以来16年ぶりとなるニュー・アルバム『コンプトン:ア・サウンドトラック』をアップル・ミュージックを通してリリースしたが、そのリリックが様々な反響を呼んでいる。

“Medicine Man”でのエミネムのヴァースには、このようなリリックが乗せられている。「Ain’t no one safe from, non-believers there ain’t none/I even make the bitches I rape cum(誰も安全じゃない、無信仰の奴は1人もいない/俺はレイプする、ビッチどもでさえイカせる)」

また、イグジビットとコールド・187umが参加した“Loose Cannons”の最後には、ドクター・ドレーが女性を殺して埋めたようなスキットが含まれている。

あるツイッターユーザーは「なんでまだエミネムはヴァースでレイプをジョークにしてるんだ? もう俺の親と同じくらいの年代だよ、成長したら?」と投稿している。他に、「エミネムがまたレイプの歌詞だとさ。こいつにはウンザリだし、こいつの歌を聴いてるファンにもな」という投稿もある。

“Loose Cannons”については、こんな投稿がある。「待って。“Loose Cannons”ってドクター・ドレーが女性を殺したってこと? そういうことなの?」

一方、ケンドリック・ラマーはライバルであるドレイクをディスっていることが話題となっている。

ケンドリック・ラマーは、“Darkside/Gone”でドレイクの最新トラック“Energy”を引き合いに出して次のようにラップしている。「But still I got enemies giving me energy I wanna fight now/ Subliminally sent to me all of this hate/ I thought I was holding the mic down(でも、今すぐ戦いたくなるエネルギーを俺によこす敵がまだいるんだ/無意識にこういった敵意が山ほど俺に送られてくる/俺はマイクを下ろそうと思ってたのに)」

また、“Deep Water”ではドレイクのヒット曲“Started from The Bottom”や、最近のミックステープ・トラック“6 God”についてほのめかしながら、こう言っている。「Motherfucker know I started from the bottom(クソったれ野郎は俺がどん底から始めたことを知っている)」「They liable to bury him, they nominated six to carry him/ They worrying him to death, but he’s no vegetarian/ The beef is on his breath, inheriting the drama better than/ A great white, nigga, this is life in my aquarium(奴らはあいつを埋葬する義務がある、奴らはあいつの棺桶を運ぶ6人を指名した/奴らは死ぬほどあいつを心配させるけど、あいつはヴェジタリアンじゃない/あいつの息はビーフ〈抗争〉の匂いだ、もっとドラマを継承してる/偉い白人、ニガー、これが水族館で生きる俺の人生)」

ドレイクとケンドリック・ラマーのライバル関係は、ケンドリック・ラマーがゲスト・ヴァースとして参加した“Control”でドレイクを名指しした2013年から続いている。

『コンプトン:ア・サウンドトラック』のサウンドトラックは以下の通り。

‘Intro’
‘Talk About It’ [feat. King Mez and Justus]
‘Genocide’ [feat. Kendrick Lamar, Marsha Ambrosius and Candice Pillay]
‘It’s All on Me’ [feat. Justus and BJ The Chicago Kid]
‘All in a Day’s Work’ [feat. Anderson Paak and Marsha Ambrosius]
‘Darkside/Gone’ [feat. King Mez, Marsha Ambrosius and Kendrick Lamar]
‘Loose Cannons’ [feat. Xzibit and COLD 187um]
‘Issues’ [feat. Ice Cube and Anderson Paak]
‘Deep Water’ [feat. Kendrick Lamar and Justus]
‘One Shot One Kill’ [feat. Snoop Dogg]
‘Just Another Day’ [feat. Asia Bryant]
‘For the Love of Money’ [feat. Jill Scott and Jon Connor]
‘Satisfaction’ [feat. Snoop Dogg, Marsha Ambrosius and King Mez]
‘Animals’ [feat. Anderson Paak]
‘Medicine Mane’ [feat. Eminem, Candice Pillay and Anderson Paak]
‘Talking to My Diary’

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ