PRESS

Photo: PRESS

ジェイク・バグは今年6月にリリースした通算3作目となる最新作『オン・マイ・ワン』より“Put Out The Fire”のミュージック・ビデオを公開している。

アルバムは主にジェイク・バグ自身によるプロデュースで、3曲にジャックナイフ・リーが参加している。

“Put Out The Fire”のミュージック・ビデオはこちらから。

アルバム『オン・マイ・ワン』は、ロンドンとロサンゼルスとノッティンガムでレコーディングされており、ブルースの感触があるとしている。「ブルースはお気に入りのジャンルなんだ。ソウルにしてもヒップホップにしても、ブルースから枝分かれしたものだろ。僕にとってブルースは自身の感情を歌い、自身の痛みを表現するものなんだ。そして、他の人もそれを感じることができるんだ。これって音楽の美しいところだよね。何はともあれ、このアルバムではそういうことをやったと思いたいんだよね」

アルバムについてジェイク・バグは「ソングライターとしての成長を考えた時に、論理的な次のステップと見てるんだ。挑戦だったけど、やらなくちゃならないことでもあったんだ」と語っている。

アルバムのダウンロードとストリーミングはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ