GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストは入院後、「容態が非常に回復した」と報じられている。

カニエ・ウェストは現地時間11月21日に「過度の睡眠不足」を受けて「自身の健康と安否」のために入院したと言われている。

「エンタテインメント・トゥナイト」は、カニエ・ウェストと妻のキム・カーダシアンに近い情報筋から、カニエ・ウェストの容態について最新情報を入手したと報じている。

「彼にはちょっとした休息が必要だったのです」と匿名の情報筋は語ったという。「キムは現在、カニエのすぐ側についています。キムはこれまで以上にカニエとの結びつきを感じているようです。夫婦関係は非常にうまくいっています」

今回の入院の原因について情報筋は「神経衰弱」と語っており、次のように続けたという。「様々な問題が積み重なったのです。ストレス、不安神経症、パラノイアなどで、彼は崩壊してしまったのです。最近の彼にはまいっている兆候がありました。ここのところのカニエは、彼自身ではなかったのです」

プロデューサーのスウィズ・ビーツは入院の報道を受けて、カニエ・ウェストへの心配を表明している。

プシャ・T、ジョン・レジェンド、チャンス・ザ・ラッパーもカニエ・ウェストの回復を祈っており、チャンス・ザ・ラッパーは「俺の兄貴であるカニエ・ウェストに本当に特別な祈りを捧げる」と述べているほか、プシャ・Tは「俺にくれた限りないチャンス」に感謝するとしている。

カニエ・ウェストは先日行ったサクラメントの公演でビヨンセについての暴言を口にして30分で公演を終えており、その後、残りの全米ツアーをすべてキャンセルしている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ