ANDY WHITTON/NME

Photo: ANDY WHITTON/NME

MGMTはツイッターで今後のリリース・プランについて触れ、新しい音源を「できるだけ早く」リリースしたいという。

アンドリュー・ヴァンウィンガーデンとベン・ゴールドワッサーの二人を中心とするMGMTだが、最後にリリースしたアルバムは2013年発表の『MGMT』で、同作は2007年の『オラキュラー・スペクタキュラー』と2010年の『コングラチュレイションズ』に続くアルバムとなっている。

現地時間11月14日にバンドは次のようにツイートしている。「MGMTの新しい音源をみんなにできるだけ早く届けたいとすごく思ってるんだよね」さらにこう続けている。「ベンと僕はオールド・スクールな人間だから、いつも“アルバム”やLPについて考えるんだけど、でも、要するに時代は変わったわけだからね」

MGMTは今年新しい音源をリリースするものだと見られていて、2015年のクリスマスの日に「2016年はMGMTがもう一度みんなの心の穴を占める年になるよ」とツイートしていた。

しかし、今年9月に「言いたかったのは、2017年がMGMTがもう一度みんなの心の穴を占める年になるってこと」とツイートしており、スケジュールを再調整したものと見られている。

また、今年の5月にはマック・デマルコが、近い将来MGMTとコラボレーションを行うのではないかという噂について言及している。

「(アンドリュー・ヴァンウィンガーデンは)僕と同じ近所に住んでててね。だから友達なんだよね」とマック・デマルコは『スピン』に語っている。「分からないけど、多分謎のままにしとくべきだろうな。MGMTのアルバムのレコーディングを行ってたわけじゃなくて、僕のアルバムなんだ。でも、誰にも分からないけどね」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ