TaylorSwift

Photo : Getty

ニッキー・ミナージュ、テイラー・スウィフト、ライアン・アダムズら数多くのミュージシャンが、チャールストンの教会で発生した銃撃事件について、ツイッターでコメントしている。

ミナージュは木曜日(6月18日)、ツイッターにて、水曜日(6月17日)に米サウスカロライナ州チャールストンの歴史ある黒人教会で発生した、若い白人の男によって9名の黒人が殺害された事件に対し非難の声を上げている。

米『CNN』の報道によると、ディラン・ローフ容疑者(21)は犯行を認め、人種間の戦争を始めることが犯行の目的であったと警察に語っている。

事件に関してミナージュは、「神を崇拝するために集まった罪なき人々が、無残にも殺されてしまった。酷すぎる。命を大切にしよう…。そして愛する人々も大切に
とツイートした。

テイラー・スウィフト、キラー・マイク、ジョン・レジェンド、ライアン・アダムズ、そしてブルーノ・マーズもツイッターで哀悼の意を表するとともに、被害者の家族とチャールストンの町への支援を申し出ている。

ツイッターのコメントは以下の通り。

https://twitter.com/KillerMikeGTO/status/611516708755369984

ラッパーのナズもこの事件について、米『Vibe』誌にこう語っている。「この恐ろしい事件を目撃しなければならなかった被害者の家族と親戚の皆さんに祈りを捧げるよ。みんなのために祈ってる…。俺としては、精神障害は早いうちに、生まれた時に分かればいいと思うんだ。そうすれば誰がどんな奴かなんて心配しなくてもいいだろ? 誰が周りにいるのか。自分の周りにいる誰が病気なのか。病気の人には助けが必要だよ」

「俺たちはこの動物園みたいなところで生きていかなくちゃならない。そんな中、どうすれば精神障害がある人を治せる? どうやって、人種は関係なく人は尊敬し合うもんだって教えればいい? 人種差別がアメリカを腐らせちまってる。国が始まった頃からそうだ。だから2015年の今年、俺たちはそんな状態を変える重要な時期にさしかかっている」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ