GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトとドレイクが新曲に共同で取り組んでいると噂されている。

テイラー・スウィフトはカルヴィン・ハリスとリアーナのヒット曲“This Is What You Came For”を「Nils Sjoberg」というペンネームを使って作詞しており、最初は彼女の作詞への関与を明らかにされていなかった。後に彼女が楽曲の作詞に加わったことが明かされている。

先日、テイラー・スウィフトはアラバマ出身のバンド、リトル・ビッグ・タウンのカントリーヒット曲“Better Man”の作曲者であることも明かされている。

「E!ニュース」によれば、情報筋が語ったところによると「(テイラー・スウィフトとドレイクが)共同で制作している音楽は「今までと違う」もので「キャッチー」であるという。

テイラー・スウィフト、ドレイクともコラボレーションの噂に対しては反応を示していない。4月にリリースされた大ヒット・アルバム『ヴューズ』に続き、ドレイクは先日、12月に新たなコンピレーション・アルバム『モア・ライフ』をリリースすることを認めている。

ドレイクはアップル・ミュージックのラジオ・サービス「Beats 1」の「OVOサウンド・ラジオ・ショウ」を通してこのニュースを発表している。その中で彼は『モア・ライフ』について「プレイリスト」のプロジェクトになるとして説明しており、「生活へのサウンドトラックを提供する」ものであり、彼や他のOVOレーベルのアーティストの新曲が収録されるという。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ