JORDAN HUGHES/NME

Photo: JORDAN HUGHES/NME

テンプルズはニュー・アルバムからのカムバック・シングルとなる“Certainty”のミュージック・ビデオを公開している。

“Certainty”は2014年発表のデビュー作『サン・ストラクチャーズ』に続く新作からの最初の楽曲となっていて、新作は2017年のリリースが見込まれている。

“Certainty”についてフロントマンのジェームス・バッグショーは次のように語っている。「“Certainty”のメロディを書いてる時に、初期のディズニーのような不気味なヴァイブ、遊び心があってハーモニーがあるんだけど、ダークなひねりがあるようなものを作ろうとしたんだよね」

彼は次のように続けている。「曲をプロデュースするにあたって、レイヤーを重ねることと同じくらい、レイヤーを間引くことにも気を遣ったんだ。ヴァースでは強烈なベースの動きと内省的な歌詞を前面に出して、メロディも相応しい空気感を伴うものにしなきゃならなかった。サビは反対の方向性で、レイヤーにレイヤーを重ねて、サウンドを厚くしていったんだ。モーグのベースと実際のベースが組み合わさっていて、ギターはシンセを、シンセはギターを映し出しているんだ」

“Certainty”のミュージック・ビデオはこちらから。

バンドは10月6日にロンドンのライヴハウス、オスローで一夜限りの公演を行っている。

ケタリング出身の4人組となるテンプルズだが、ノエル・ギャラガーもファンとして知られ、デビュー・アルバムのリリース時にテンプルズをかけようとしないBBCラジオ1を批判している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ