NME

Photo: NME

オノ・ヨーコは「ザ・シンプソンズ」でかつて放送された彼女についてのジョークにアート作品で応えている。

「ザ・シンプソンズ」の第5シーズン(1993年初放送)で放送された「夢のカルテット」はザ・ビートルズへの愛に溢れたパロディとなっており、ホーマーの友人であるバーニーがオノ・ヨーコを明らかにモデルにした日本人コンセプト・アーティストと束の間のロマンスを楽しむ内容となっている。

オノ・ヨーコをモチーフにしたキャラクターは、モーのバーに立ち寄った際に「A Single Plum, Floating in Perfume, Served In a Mans Hat(男性の帽子に入れられた、香りの中に漂う、一つのプラム」を注文している。

音楽ブログ「ザ・フューチャー・ハート」によれば、アイスランドのレイキャビク・アート・ミュージアムに展示されている新たなアート作品が、この「ザ・シンプソンズ」に登場した飲み物と完全に同名のものとなっているという。

このアート作品はオノ・ヨーコがキュレーションした展覧会に展示されているもので、アイスランドのアーティスト、ラグナル・キャルタンソンが制作している。「ヨーコ・オノ:ワン・モア・ストーリー」と題されたこの展覧会は2月5日まで開催されている。ラグナル・キャルタンソンは「シガー・ロスの世にも奇妙な映像実験」に参加したことでも知られている。

オノ・ヨーコについてはジョン・レノンも参加している3枚のアルバムが11月11日に再発される。

今回の再発盤にはオリジナル・バージョンには収録されなかった楽曲も収録され、オノ・ヨーコの再発シリーズのスタートを切るものとなっている。11月11日には『未完成作品第1番 トゥー・ヴァージンズ』、『未完成作品第2番 ライフ・ウィズ・ザ・ライオンズ』、『ヨーコの心/プラスティック・オノ・バンド』の3作品がリリースされる。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ