GETTY

Photo: GETTY

来月のブラック・フライデーに行われるレコード・ストア・デイでプリンスやザ・ローリング・ストーンズ、デス・グリップス、ザ・ラカンターズらのリリースがあることが明らかになっている。

今年のブラック・フライデーは11月25日で、この日にレコード・ストア・デイも開催されるが、多くの貴重なアイテムがリリースされる予定となっている。プリンス&ザ・ニュー・パワー・ジェネレーションの“Sexy M.F.”の12インチ・ピクチャー・ディスクのほか、デス・グリップスの『ファッション・ウィーク/インタヴュー2016』、ザ・ラモーンズの1976年音源の『ライヴ・アット・ザ・ロキシー』、ザ・ラカンターズのシングル“Steady As She Goes / Store Bought Bones”、ザ・ローリング・ストーンズのニュー・シングル“Ride ‘Em On Down”などがリリースされるという。

他にもアイアン・メイデン、ディスクロージャー、プロフェッツ・オブ・レイジらがリリースを予定している。

リリースの一覧はこちらから。

http://download.recordstoreday.com/lists/2016_BLACK_FRIDAY_PUBLIC.pdf

プリンスについては、自宅兼制作スタジオであったペイズリー・パークが、ミュージアムとしての公開を正式に市議会に認められ、10月28日よりファンに再公開される予定だという。

ペイズリー・パークではさしあたり4週間限定で観光ツアーが行われていたが、歩行者の安全や交通に関する懸念が挙げられていた。ペイズリー・パークの位置するミネアポリスのチャナッセン市議会の議員らは、問題を再検討して10月24日の夜に投票を行い、故プリンスの自宅の土地の区分を変え、観光ツアーによる一般公開を行うことを全会一致で認めている。

ペイズリー・パークの公式ウェブサイトには、以下のような説明が書かれている。「ペイズリー・パークは、ミネソタ州のチャナッセンにあるプリンスの特別にプライベートな自宅で、音楽制作のための複合施設です。ファンにはプリンスが、このプライベートで神聖で特別な場所で、どのように音楽を創造し、制作し、パフォーマンスを行っていたかを直に体験することのできる、いまだかつてない機会となるでしょう」

公式ウェブサイトによると、ペイズリー・パークのチケットは38.5ドル(約4000円)で販売されており、特別な部屋やスタジオエリア、アーカイブからの特別の品や限定公開の写真等を見ることができ、ガイドによるツアーが30分長くなるVIPチケットは100ドル(約10000円)で販売されている。現在、12月までのチケットが購入可能であり、2017年のチケットは、11月までには販売が開始されるとみられている。

ペイズリー・パークの公式ウェブサイトこちらから。

https://www.officialpaisleypark.com

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ