GETTY

Photo: GETTY

マイリー・サイラスは10月22日にアメリカの若者に投票を呼びかけるのに一役買っている。

マイリー・サイラスはヒラリー・クリントンの選挙キャンペーンを支援しようとヴァージニア州のジョージ・メイソン大学で寮の一部屋一部屋を回る活動を行っている。

「開けて。あなたは大変なトラブルに巻き込まれているの、なんてね」と、とある学生の寮のドアをノックしながら語っている。

マイリー・サイラスが学生をビックリさせている映像はこちらから。

https://twitter.com/CyrusAllTheWay/status/789908024232022016

マイリー・サイラスは元々バーニー・サンダースの選挙運動を支援していたが、民主党の候補に敗れてからはヒラリー・クリントンを支援している。

ヒラリー・クリントンに投票しようとしないバーニー・サンダースの支持者に何というかと訊かれて、彼女は『ヴァラエティ』誌に次のように語っている。「それはマジでおかしいわ。どうかしてるわよ。文字通り、これ以上ムカつくことなんてないわね。ドナルド・トランプを検討してるとしたら、ちゃんとバーニー・サンダースを理解してなかったってことよね」

インタヴューでは自身のパンセクシュアリティについて語っているほか、ウディ・アレンの性虐待に対する自身の考えについても語っていた。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ