PRESS

Photo: PRESS

『DJ MAG』が発表する今年のDJランキングで1位を獲得したマーティン・ギャリックスが7日間連続サプライズ・リリースを行い、全7曲のリリースが完結している。

マーティン・ギャリックスは、出身国でありアフロジャックやハードウェル、ティエストといった大人気DJを数多く輩出しているダンス・ミュージックの聖地=オランダのアムステルダムにて今週10月19日から23日まで5日間に渡って開催されている世界最大のダンス・ミュージックの祭典、アムステルダム・ダンス・イベントに出演し、開催期間中には彼が7日間で7曲を発売することを発表していた。

リリースされた7曲はこちらから。

弱冠20歳のマーティン・ギャリックスは、8歳の頃からギターを演奏し作詞作曲をスタートし、2004年に開催されたアテネオリンピックで演奏する人気DJティエストのパフォーマンスを見て衝撃を受け、以降自身でDJやトラックメイキング、楽曲のプロデュースを行っている。

“Animals”や“In The Name Of Love”といったヒット曲で知られるマーティン・ギャリックスは昨年の『DJ MAG』のランキングは3位で、昨年のトップだったディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクが2位に、ハードウェルが3位にランクインしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ