Pooneh Ghana/NME

Photo: Pooneh Ghana/NME

キングス・オブ・レオンは10月18日、ロンドンの229クラブで直前に発表された小規模なライヴを行い、レッド・ツェッペリンのギタリストであるジミー・ペイジもこの公演を鑑賞している。

最新アルバム『ウォールズ』のリリースに際して行われたこのライヴは当日に告知され、チケットのはわずか20ポンド(約2500円)で販売されている。キングス・オブ・レオンは自身のキャリアを総ざらいするような、バンドの名曲やファンの人気曲を散りばめたヒット曲満載のセットリストを披露し、オーディエンスのリクエストに応えて“Arizona”を演奏する場面もあったという。

フロントマンのケイレブ・フォロウィルは、観客に対して「ホームに帰って来られて最高だよ」と声をかけ、どのように最初に英国で有名になったかについても言及したという。「ホームに帰ってきて、友人たちと一緒にいられるのは素晴らしいね」

ジミー・ペイジは、ここ数年にわたってキングス・オブ・レオンのライヴに何度か姿を見せており、この日はPA卓そばのフェンスに囲まれたプライベート・エリアに立っていたと見られていてう。

ファンによって撮影されたキングス・オブ・レオンの10月18日のライヴの映像はこちらから。

この日のセットリストは以下の通り。

The Bucket
Mary
On Call
Taper Jean Girl
Find Me
Milk
Fans
Reverend
The Immortals
Pyro
Over
Radioactive
Supersoaker
Eyes on You
Knocked Up
Waste a Moment
Molly’s Chambers
Trani
Encore:
Slow Night, So Long
Around the World
Arizona (Crowd request)
Sex on Fire

キングス・オブ・レオンは2月にUKツアーを行う予定となっている。ツアーの日程は以下の通り。

Sun February 19 2017 – LEEDS First Direct Arena
Mon February 20 2017 – BIRMINGHAM Genting Arena
Fri February 24 2017 – NEWCASTLE UPON TYNE Metro Radio Arena
Sat February 25 2017 – LIVERPOOL Echo Arena
Mon February 27 2017 – GLASGOW SSE Hydro

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ