GETTY

Photo: GETTY

ドレイクがトロントで開催したOVOフェスティバルのアフターパーティーで、2人が亡くなり、3人が重傷を追っている。

ドレイクは故郷となるトロントで自身のフェスティバルを週末にわたって開催し、8月3日の自身のヘッドライナーのステージでフェスティバルを締めくくっている。

米『ビルボード』誌が報じたところによると、1人の男性と1人の女性が、8月4日の早朝にトロントのナイトクラブ「ムジーク」の店内ないしは周辺で撃たれ、亡くなったという。また20代から30代と見られる3人が重傷を負っている。

トロント警察の人間は事故について「散発的な銃撃」があったとし、次のように述べている。「元々はクラブのバー・エリアで起こったらしいんですが、それが通りにまで溢れて、この地区の北部と南部、(そして店内という)3つのバラバラな犯罪現場がある状態なんです」

「現時点ではおそらくナイトクラブの店内で1〜2発の発砲があり、それ以外については屋外での発砲と見ています。現時点で公表できるのはここまでです。我々は捜査を続けています」

警察はさらなる犠牲者もいるかもしれないとして、一般から情報を集めている。

また、ドレイクはカニエ・ウェストとファレル・ウィリアムスがゲスト参加した自身のヘッドライナーのステージで、ライバルのミーク・ミルをからかっている。

ドレイクはリハーサルの間「フリー・ミーク・ミル」と書かれたTシャツを着ている様子が撮影されており、先月から続いている2人の間の衆知の確執について言及している。ミーク・ミルは、ドレイクが自身でリリックを書いていないと非難している。

ドレイクは、ミーク・ミルをディスる楽曲“Charged Up”と“Back To Back”を披露し、バックドロップには相手を皮肉るようなネタが描かれていたという。

ライヴの後半、カニエ・ウェストはドレイクのステージに参加して“All Day”やヒット・メドレーを披露している。また、カニエはこの日の早い時間帯から、トラヴィス・スコットやビッグ・ショーンのステージにも登場していたとのことで、トラヴィス・スコットのステージではモッシュピットを作るよう呼びかけて一という。

ファレル・ウィリアムス、フューチャー、UKのグライムMCであるスケプタもドレイクのステージに登場している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ