GETTY

Photo: GETTY

動物と音楽の関係に関する最新の文献によると、サメはヘヴィ・メタルを好んで聞くそうである。

音楽サイト「チーム・ロック」によれば、文献『ザ・マイス・フー・シング・フォー・セックス:アンド・アザー・ウィアド・テイルズ・フロム・ザ・ワールド・オブ・サイレンス』において、ホホジロザメは特にAC/DCの“You Shook Me All Night Long”や“If You Want Blood (You Got It)”といったアンセムに反応を示すという。

サメは実際には耳を持たないが、本文献の共同著者である「ラジオX」のDJのリアーナ・バードと神経科学者であるジャック・ルイス博士によると、サメたちはヘヴィ・メタルによく見られる低音の振動の波に惹き付けられているのだとしている。

オーストラリア南部で船舶のレンタル店を経営しているマット・ウェラー氏が、ヘヴィ・メタルが流れていると、サメたちがとても穏やかな様子であることに最初に気付いたのは2011年だった。

マット・ウェラー氏は、オーストラリアの放送局「ABCニュース」に対して、当時、以下のように語っている。「(カリブ海の)グアドロープでダイビングしてた男と話してたんだけど、ダイバーの中には水中で音楽を流すやつがいるんだって。特定の曲を流すとサメの行動が変化するのが本当にわかるって、僕らも話をしてたし、ダイバーたちも言ってたよ」

「僕の持ってるアルバムを使って調べてみたんだけど、AC/DCがまさにこれって感じなんだ。サメの行動がいつもより好奇心に満ちた感じになって、まったく攻撃的でなくなるんだ。スピーカーを水中に置いた時のうちの何度は、サメたちは通り過ぎてしまったんだけど、顔をスピーカーに擦りあわせたりしてる様子は、本当に奇妙な感じだったな」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ