GETTY

Photo: GETTY

メタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒは、アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが大統領に選ばれることがあれば、生まれ故郷であるデンマークに移住するかもしれないと表明している。

ラーズ・ウルリッヒは1963年にデンマークのゲントフテで生まれており、メタリカを始動させる前の16歳の時にロサンゼルスに移ってきている。

デンマークの『エクストラ・ブラデット』紙のインタヴューでラーズ・ウルリッヒは次のように語っている。「俺は100%デンマーク国民だからね。税金はアメリカに納めてるけど、アメリカでは投票できないんだ」

11月にドナルド・トランプが当選することがあれば、アメリカを離れることを検討するかと訊かれて、次のように答えている。「そうだね。もちろん、時々デンマークに移住することを考えてるからね」

「デンマークのパスポートはこれからもずっとだろうね。もしトランプが大統領になって、すべてがダメになったら、空港に言って、もう一度戻れるか尋ねるかもしれないね」

一方、ザ・ホワイト・ストライプスはバンドの楽曲“Seven Nation Army”がドナルド・トランプの宣伝用映像に使用されたことで、ジャック・ホワイトとメグ・ホワイトで共同の声明を発表している。

サード・マン・レコードを通じて発表された声明で次のように述べている。「ドナルド・トランプの選挙活動用映像に“Seven Nation Army”が使用されたことに関して、ザ・ホワイト・ストライプスはこの映像にまったく関わっていないことを明確に断言します。彼らはこうした関連性を持ってしまったことと彼らの楽曲の違法使用に嫌悪感を持っています」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ