GETTY

Photo: GETTY

シーアが自身のアルバム『ディス・イズ・アクティング』のデラックス・エディションを10月21日にリリースすることを発表している。

デラックス・エディションは、ケンドリック・ラマーが参加した最新シングル “The Greatest”や、今回初めて発表された3曲 “Confetti”、 “Jesus Wept”、 “Midnight Decisions”を含む7曲が新しく加えられ、全19曲入りでリリースされる。

ショーン・ポールが参加したシングル・バージョンの“Cheap Thrills”も新しく加えられる。この曲に関しては、シーア1人によるソロ・バージョンが『ディス・イズ・アクティング』に収録されていた。

『ディス・イズ・アクティング』のデラックス・エディションのトラックリストは以下の通り。

オリジナル・アルバム収録曲:

“Bird Set Free”
“Alive”
“One Million Bullets”
“Move Your Body”
“Unstoppable”
“Cheap Thrills”
“Reaper”
“House On Fire”
“Footprints”
“Sweet Design”
“Broken Glass”
“Space Between”

デラックス・エディション追加曲:

“Cheap Thrills” (feat. Sean Paul)
“The Greatest”(feat. Kendrick Lamar)
“Confetti”
“Move Your Body” (Alan Walker Remix)
“Midnight Decisions”
“Jesus Wept’
“The Greatest”

『ディス・イズ・アクティング』は今年の1月にリリースされ、これまでにイギリスで最高3位、アメリカで最高4位を記録している。シーアは、チャートを賑わすアーティストであると同時に、売れっ子のソングライターであり、アルバムの楽曲のいくつかが他のアーティストに提供するために書かれた楽曲であることを明かしている。

「他人のために書いた曲でできたアルバムだから『ディス・イズ・アクティング』というタイトルなの。だから、『これが私自身の言葉なのよ』なんて思うことはないの。むしろお芝居に近いのよ。面白い話でしょ」と彼女は説明している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ