MATT EACHUS

Photo: MATT EACHUS

イヤーズ&イヤーズはニュー・シングル“Meteorite”のミュージック・ビデオを公開している。

“Meteorite”はこの1年において最初の新曲となっていて、9月16日にリリースされた『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』のサウンドトラックに収録されている。

“Meteorite”のミュージック・ビデオでは、フロントマンのオリー・アレクサンダーが86000のスワロフスキーがあしらわれた独自の衣装を身に着けている。「まばゆいクリスタルで着飾って、ブリトニーやビヨンセといった僕のヒーローの足跡を辿ることができて光栄だね」と彼は語っている。

また、プレス・リリースのなかでイヤーズ&イヤーズは昨年リリースされた全英1位の『コミュニオン』に続くセカンド・アルバムに着手したことも認めている。

“Meteorite”のミュージック・ビデオはこちらから。

映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の予告編はこちらから。

イヤーズ&イヤーズは今年7月にデビュー作からの最後のシングル“Worship”のミュージック・ビデオを公開している。

“Worship”はデビュー・アルバム『コミュニオン』からの8枚目のシングルとなっており、13曲を収録した2015年発表の同作からの最後のシングルとなる。

ビデオはこれまでにパトリック・ウルフやヘラクレス・アンド・ラヴ・アフェアのビデオを手掛けてきたマット・ランバートが監督を務めている。振付はシーアやフローレンス・アンド・ザ・マシーンを手掛けてきたライアン・へフィントンが担当している。

“Worship”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ