GETTY

Photo: GETTY

ダフト・パンクはレディットで公開された情報が正しければ、ライヴに復帰することになるかもしれないという。

ダフト・パンクが約10年ぶりにライヴを行うのではないかという憶測が広がっている。ダフト・パンクは2008年のバルティモアと、2014年のグラミー賞授賞式において一夜限りのパフォーマンスを行っているが、フル・ツアーは2007年が最後となっている。

しかし、レディット・ユーザーによれば、ロラパルーザのサイトにダフト・パンクのタグのページが設置されており、サイトの履歴を遡ると、2007年以前ではなく、このタグは今年に入ってから作られたものだと見られているという。この事実を受けて、来年のフェスティバルにブッキングされているのではないかという噂が駆け巡ることとなっている。

この噂はタイミングとしても合っており、これまでダフト・パンクは1997年、2007年と10年ごとにツアーを行ってきている。ここ2ヶ月でもダフト・パンクについては根強い噂があり、初めての出演から20年となる来年のグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務めるのではないかと噂されている。

ダフト・パンクは1997年のグラストンベリー・フェスティバルのダンス・テントに出演している。2007年にはワイヤレス・フェスティバル、ロックネス・フェスティバル、アイルランドのオキシゲン・フェスティバルに出演している。

来年のグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーには他にもザ・ストーン・ローゼズ、レディオヘッド、エド・シーラン、レディー・ガガらが噂されている。

今後のライヴの可能性についてダフト・パンク側にコメントを求めたが、正式なコメントは得られていない。

ダフト・パンクは先日ザ・ウィークエンドとコラボレーションを行った新曲“Starboy”がリリースされている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ