Andy Hughes/NME

Photo: Andy Hughes/NME

モリッシーは、最近亡くなった、イギリスのTV司会者であるシラ・ブラックと、カントリー・ミュージシャンのリン・アンダーソンの二人に追悼の意を表明している。

本名をプリシラ・ホワイトというシラ・ブラックは、スペインのマーベラ近郊のエステポナの別荘にて遺体で発見されている。スペイン警察によれば発見された女性はシラ・ブラックと同一人物とのことで、検死解剖が行われているという。死因については自然死だと思われる。

一方、リン・アンダーソンは報道によれば心臓発作のために7月30日に亡くなったという。享年67歳だった。モリッシーは、つい最近のナッシュヴィル公演でリン・アンダーソンの“Rose Garden”を披露している。

オーディエンスが撮影したパフォーマンスの模様は以下で観ることができる。

モリッシーは、自身のファンサイトである「トゥルー・トゥ・ユー」にシラ・ブラックへの追悼文を寄せている。モリッシーは以下のように綴っている。「1960年代を通して止まることなく、シラ・ブラックはいくつかの素晴らしいレコードを作ってきた。“The Right One Is Left”、“Suffer Now I Must”、“It’s For You”、“I’ve Been Wrong Before”、“What Good Am I?”。僕はこうした曲にとても恩を感じているんだ。そして、そんな人が亡くなるなんて思いもしなかった」

ザ・スミスは、かつてシラ・ブラックの“Work Is A Four Letter Word”をカヴァーしている。その音源は以下で聴くことができる。

ビートルズのメンバーのポール・マッカートニーとリンゴ・スターも哀悼の意を表明している。

ポール・マッカートニーは知らせを聞いて、「あまりにもショックだった」とツイッターで述べている。そして、こうも記している。「彼女はその大きな心でどんな人をも魅了する愛らしい女性だったんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ