GETTY

Photo: GETTY

キングス・オブ・レオンやジャック・ホワイトらは9月13日に放送されたジュールズ倶楽部の新シリーズの第1回放送に出演を果たしている。

キングス・オブ・レオンは復帰シングルとなった“Waste A Moment”を披露したほか、新作から“Around The World”という新曲のパフォーマンスを行っている。

一方、ジャック・ホワイトはキャリアを振り返ったアコースティック・アルバム『アコースティック・レコーディングス 1988-2016』より“We’re Going To Be Friends”のアコースティック・バージョンを公開している。

他にもこの回ではバンクスが番組の冒頭でニュー・シングル“Gemini Feed”を披露したほか、M83はマイ・ランと共に“Go!”を披露している。一方、スティングは通算12作目となるソロ・スタジオ・アルバム『フィフティセヴンス&ナインス』より“I Can’t Stop Thinking About You”を披露している。

ナッシュヴィルを拠点に活動するキャンディス・スプリングスは“Talk To Me”も披露している。追加のパフォーマンスも含めた番組の拡大版は現地時間9月16日夜に放送される。

今回の『ジュールズ倶楽部』の放送は49シーズン目となるもので、昨シーズンにはイギー・ポップ、テーム・インパラ、ザ・ラスト・シャドウ・パペッツ、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ、ジェイムス・ブレイク、ポール・サイモンらが出演している。

また50シーズン目の放送は番組の25周年を記念して2017年に放送される予定となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ