ANDY HUGHES/NME

Photo: ANDY HUGHES/NME

レディー・ガガはテーム・インパラのフロントマンであるケヴィン・パーカーとの共作作業について語り、彼を「真の音楽的天才」と評している。

レディー・ガガは9月9日にニュー・シングル”Perfect Illusion”をリリースしており、この曲はケヴィン・パーカーとマーク・ロンソン、さらにジャスティン・ビーバーのシングル曲”Sorry”のプロデュースを手掛けたブラッドポップによる共同プロデュースしている。

「ケヴィン・パーカーはオーストラリアから飛んできてくれて、彼から最初にこの曲を“llusion”と呼ぼうというアイディアが出てきたのよ」とレディー・ガガはラジオ1のニック・グリムショウに語っている。

「私たちはすべてをさらけ出したわ。私はピアノの前に座り、ケヴィンはギターを持って、マークはベースを持って、ただずっと演奏したの。そして、私はタイプライターで作業をしながら、みんなで新しいリリックを出し合おうとしたの。私にとって重要だったのは、これが“llusion”についての曲だってことじゃなくて、私たちみんながこの曲のために心を通わせていたってことよ。それで、タイトルに“Perfect”ってつけるのを思いついたの。だけど、ケヴィンに功績は渡さないといけないわね。だって彼って真の音楽的天才なんだもの」

レディー・ガガは新作のために、ベックやファーザー・ジョン・ミスティ、フローレンス・アンド・ザ・マシーンのシンガー、フローレンス・ウェルチともコラボレーションしている。

「私とフローレンスは一緒にデュエットしたの」とラジオ1で彼女は明らかにしている。「女性の人と一緒にやりたかった曲のアイディアがあって、それに取り組んでみたの。曲を聴いてもらえれば、なんで私がそう思ったか、何ついての曲か分かってもらえると思うわ。彼女は本当に私にとって、最高とまでは言えなくても素晴らしいヴォーカリストのうちの1人よ。すさまじかったわ。ベック、ファーザー・ジョン・ミスティ、ケヴィン・パーカー、マーク・ロンソンのミュージシャンシップについても同じことが言えるわね」

レディー・ガガはその新作の制作状況について最終段階に入っており、今年中にはリリースされるであろうことを明らかにしている。

レディー・ガガは先週末ロンドンのモス・クラブにサプライズ出演している。

そのパフォーマンス映像はこちらから。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ