GETTY

Photo: GETTY

西海岸のギャングスタ・ラップにおいて伝説的とも言える存在であるドクター・ドレーが、アップル・ミュージックの自身の番組でニュー・アルバム『コンプトン』をリリースすることを発表した。前作『2001』から16年ぶりとなる待望のアルバムがヴェールを脱ぐこととなった。

ドクター・ドレーは、3作目として予定されていた『デトックス』の初期のヴァージョンをリリースせず、結局日の目を見ることはなかったが、その理由について「好きじゃなかったんだ。よくなかったんだよ」と語っている。リスナーに対して『コンプトン』が完成したことも告げ、アルバムは8月7日(金)にリリースされるという。

このアルバムには、エミネム、ケンドリック・ラマー、アイス・キューブ、イグジビット、スヌープ・ドッグ、など多くのゲストが参加している。

ドクター・ドレーによるライヴについても噂が駆け巡っているが、予想のなかドレーとアイス・キューブは、あくまで映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』の公開について詳細に語り、合わせてのサウンドトラックのリリースについて発表している。

ただし、ドレーのアルバムは、正式なサウンドトラックというわけではなく、映画にインスパイアされた作品だという。

映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』のオフィシャル・トレイラーは以下で観ることができる。映画はUKで8月28日に公開され、オーシー・ジャクソン・ジュニア、コリィ・ホーキンス、ジェイソン・ミッチェル、アイス・キューブ、ドクター・ドレー、イージー・Eらが出演している。監督は、『SET IT OFF』『交渉人』『ミニミニ大作戦』を手がけてきたF・ゲイリー・グレイが務めている。

ドクター・ドレーは今回のリリースの発表を、アップル・ミュージックの自身の番組「ファーマシー」を通して行っており、番組では話題の問題にも触れ、ドレイクとの論争で注目されているミーク・ミルの楽曲をかけたほか、スヌープ・ドッグの最近の渡航問題にも触れ、彼を擁護している
(イタリアよ、俺のダチのスヌープになんでそんなことすんだ?)。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ