GETTY

Photo: GETTY

レッド・ツェッペリンのギタリスト、ジミー・ペイジは、英BBCの人気番組『ジュールズ倶楽部』の新シリーズに参加することが明らかになっている。

ジミー・ペイジは最初のエピソードに出演する。この回の出演者は他に、キングス・オブ・レオン、ジャック・ホワイト、M83、バンクス、そして、スティングが既に発表されている。

ジミー・ペイジは番組でパフォーマンスはせず、9月16日に発売されるレッド・ツェッペリンのアルバム『コンプリートBBCライヴ』について語る予定となっている。

番組は新シリーズに向けて他にも出演アーティストを発表している。第2話にはジェイミー・T、マッドネス、ベス・オートン、ガラント、ラグ&ボーン・マンが出演する。

『ジュールズ倶楽部』は、新シリーズとなって現地時間9月13日にBBC2で22時から30分のライヴとして放送され、16日23時05分よりあらかじめ収録されていた1時間バージョンが放送される。

初回は昨年ツアー活動の休止を発表していたジャック・ホワイトが復活のライヴパフォーマンスを、今週の「NME」の表紙を飾っているキングス・オブ・レオンが来月発売の新作アルバム『WALLS』からの曲を一部披露する。

『ジュールズ倶楽部』は今シリーズで49シーズン目を迎えることとなり、来年には50シーズン目と1992年の放送開始からの25周年を迎える。『ジュールズ倶楽部』は年間に2シーズン放送しており、2016年の春シーズンにはザ・ラスト・シャドウ・パペッツ、イギー・ポップ、アンダーワールド、テーム・インパラ、ジェイムス・ブレイクらがパフォーマンスを披露している。また、この番組はイギリスの地上波でクリスティン・アンド・ザ・クイーンズがパフォーマンスした最初の番組となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ