GETTY

Photo: GETTY

リル・ウェインが引退する可能性があることを発表してから、ドレイクやヤング・サグを含む複数のラッパーが彼を支援する多数のコメントを残している。

週末にかけて、リル・ウェインは「俺は無防備で、精神的にもまいっちまった」「もう終わりだ」とツイートしていた。

このツイートはチャンス・ザ・ラッパー、ミッシー・エリオット、フライング・ロータスといったアーティストの反応を引き起こすことになり、その後、リル・ウェインは「俺は大丈夫さ、大したことないから気にしないでくれ」とファンを安心させるツイートをしている。

翌日、リル・ウェインはヒューストンでのドレイクのライヴに出演しており、そこで彼は、自身のレコード会社「ヤング・マネー・エンターテインメント」とその親会社「キャッシュ・マネー・レコード」の確執について、「ファック、キャッシュ・マネー!」と叫んでいる。

ライヴの後、ドレイクはリル・ウェインのインスタグラムの投稿に以下のコメントを寄せている。「ボスこと、リル・ウェインよ。あなたが勝ち得るまで俺たちも戦い続けるよ。音楽を辞める自由と、心の平穏を。適当なことを言ってる他の奴らのことは知らないけど、あなたが俺にチャンスをくれたことを俺は覚えてるし、その恩に対して俺は残りの人生のすべてをかけてでも返していくつもりだよ。ヤング・マネー・フォーエヴァー」

u2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

The boss @liltunechi. We are fighting until you get yours. Freedom to drop music and peace of mind. I don't know what these other weirdos are on with all the side talks but I know you gave me a shot and all I can ever do with the rest of my life is return the favor. YOUNG MONEY FOREVER

champagnepapiさん(@champagnepapi)が投稿した写真 –

リル・ウェインと彼がかつて所属していた「キャッシュ・マネー・レコード」との和解に向けた話し合いは今にも破綻しかけており、論争は悪化の一途を辿っている。彼は同レーベルと5200万ドル(約52.8億円)の訴訟を抱えており、その争点は、アルバム『カーターV』の所有権をめぐるものとなっている。

リル・ウェインの出したアルバムの題名を真似するなど、彼への類稀なる愛情を持つ、アトランタ出身のラッパー、ヤング・サグもリル・ウェインを支持している。

彼は「何があっても俺はあんたを支え続けるぜ…世界がおあんたに対してなんて思おうと俺は死ぬまであんたの味方だよ。俺がラップし続ける理由も、あんたがいるからなんだ」とツイートしている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ