PRESS

Photo: PRESS

ザ・ウィークエンドが新しく2つのギネス世界記録を樹立している。

9月8日に全世界同時発売される『ギネス世界記録 2017』の中で、ザ・ウィークエンドが過去21か月においてチャートに関する2つの記録を打ち立てたことにページが割かれているという。

『コンプレックス』誌が報じるところによると、ザ・ウィークエンドが2015年にリリースしたアルバム『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』が、スポティファイにおいて2014年の12月1日から2015年の12月1日までの1年間で最も再生されたアルバムとなり、約6000万回のストリーミング回数を達成し、世界記録を保持しているという。

ザ・ウィークエンドはさらに 「全米シングル・チャートのトップ10内に最も長い間連続でランクインした男性ソロアーティスト」としての世界記録も樹立している。”Earned It”、”Can’t Feel My Face”、”The Hills”といった一連のヒット曲によって、2015年3月7日から2016年1月9日までの45週間連続で彼は全米シングル・チャートのトップ10内にランクインし続けていた。

同じくカナダ出身のアーティストであるジャスティン・ビーバーも先日、ギネス・ブックの最新版において8つの世界記録を保持していることが明らかになっている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ