PRESS

Photo: PRESS

ウィーザーのリヴァース・クオモ、ブラック・クロウズのリッチ・ロビンソンやフォール・アウト・ボーイのパトリック・スタンプなどを含む200人以上のミュージシャンらが、”Bulurred Lines”裁判の判決へ反対する抗議を支持するという声明を出している。

この裁判は2015年に、マーヴィン・ゲイの遺族らが”Blurred Lines”をマーヴィン・ゲイの1977年の楽曲”Got To Give It Up”と酷似しているとして訴えたもので、裁判の結果、遺族らはこの楽曲の著作権使用料の半分を与えられ、さらに著作権侵害として530万ドル(約5億4500万円)も受け取った。

連邦陪審は、その判決で”Blurred Lines”は意図的に”Got To Give It Up”を盗作したわけではないが、ロビン・シックによるこのヒット曲がマーヴィン・ゲイの楽曲に多大な影響を受けていると断じている。

先週、”Blurred Lines”の作曲者であるファレル・ウィリアムズ、ロビン・シック、T.I.は第9巡回区合衆国控訴裁判所に以前の判決を否決するための訴訟を起こしており、200人を超えるミュージシャンがアミカス・キュリエ意見書(第三者による意見書)に名を連ね、そこでは、この裁判の当事者ではないものの、今回取り扱われる問題について強い関心を持っていることが表明されているという。

「ハリウッド・リポーター」によれば、意見書には次のように綴られているという。「今回の判決は、偉大な作品から影響を受けるという新しい音楽を作曲する上で重要な過程を脅かすことになります。すべての音楽は先代の音楽、特に特定の音楽ジャンルからインスピレーションを得ているのです」

意見書はさらにこう続けている。「今回の判決は、違法な盗作と許されるべきインスピレーションの間に引かれていた意義深い標準的な境界線を取り除いてしまうことになり、確実に創造性の息の根を止め、創作プロセスを妨げてしまうことになるでしょう。法律はより明確なルールを規定すべきであり、ソングライターがいつその線が引かれ、少なくともどこで線が引かれたのかを分かるようにすべきです」

この意見書には他にも、ジェニファー・ハドソン、プロデューサーのスターゲイト、ザ・ゴー・ゴーズ、デンジャー・マウス、トレインのパトリック・モナハン、そしてホール・アンド・オーツのジョン・オーツといったミュージシャンが書名している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ