facebook.com/BIGMVKK

Photo: facebook.com/BIGMVKK

ディプロが主宰するレーベル、マッド・ディセントに所属しているDJ兼プロデューサーのビッグ・マックこと、本名サミソニ・コロイタムドゥがフロリダ州カッセルベリーにて自動車事故で亡くなった。享年25歳だった。

地元紙『オーランド・ウィークリー』紙が報じたところによると、現地時間8月29日の午前7時にビッグ・マックと他3人を乗せたダッジ・チャージャーが木に衝突したという。

マネージャーのマット・ディヌッゾはメールで次のように述べている。「彼には自身の音楽キャリアにおける3つの夢がありました。それはミスター・カーマック、ベースネクター、そしてカニエ・ウエストとのコラボレーションです。彼はすでにミスター・カーマックとトラックを制作しており、ベースネクターの最新アルバムにも関わっています。なので、彼自身、これまでの自分のキャリアを本当に喜ばしく思っていたと思います。カニエ・ウエストと仕事することは叶いませんでしたが」

オーランドで開催されていたビッグ・マックが毎週出演するイベント「シェイキン・ベース」は地元の人々からの人気を博していたという。彼の最新のツイッターとフェイスブックでは11月に行われるオーランドのエレクトリック・デイジー・カーニヴァルに初めて出演することと、その喜びの言葉が投稿されていた。

所属レーベルのマッド・ディセントはソーシャル・メディアで追悼の意を表明している。

「今朝のニュースに深い悲しみに包まれました。ビッグ・マック、安らかに眠ってください。多くの人が深くあなたを思うでしょう」

「ビッグ・マックよ、安らかに。才能あるプロデューサーでもあり、大切な友だったよ。あなたを失ったことはとても悲しい。そして、命の尊さに改めて気づいたよ」

「私たちの友人、ビッグ・マックの死を聞いてとても悲しく思っています」

「俺たち、オーランドの地元のDJが成功を目指す中で、(ビッグ・)マックはそうしたムーヴメントの中心的存在でした。彼は常に自分の音楽に対して革新的だったのです」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ