GETTY

Photo: GETTY

王者の帰還だ。リアム・ギャラガーが新しい時代に向けて初めて大きなインタヴューに応じた。そして、彼は今も変わらず最高のコンディションにある。陽気かつざっくばらんで、時々ちょっと愛おしい『Q』誌における彼のインタヴューの中から見どころを紹介していこう。注意してほしいのだが、この中には木登りのことや、ノエルへの罵詈雑言、さらなるノエルへの罵詈雑言が含まれている。

1. ジョギングについて

「毎日朝5時には家を出て、大体7マイル(約11km)走ってる。アルコールが残ったりしてない限り、朝の5時には動き始めるんだ。普段は7マイルなんだけど」

2. ロンドン北部に住む彼のご近所さんについて

「ここでの生活は(BBC2のコメディ番組である)『ステラ・ストリート』みたいな感じだよ。(人気料理人である)ジェイミー・オリヴァーが通りの先に住んでる。彼の家の窓に石を投げつけたら怒られたから、ベーコン・ロールを下に投げてくれって頼んでやったよ」

3. ガールフレンドについて

「デビーは俺を救い出してくれたんだ。マジだぞ。落下し続ける俺をすくい上げてくれたんだ。彼女はただこう言ったんだ。『くだらない人になるのはやめて』って。彼女は俺を家の外に出して、俺の世界の外側にいたあらゆる人たちに俺を紹介したんだ。俺は長い間ロンドンに住んでいるけど、本当にハムステッドのことしか知らなかったんだ。彼女は俺を新しい場所に連れて行ってくれた。ダルストンに今は住んでるんだぜ」

4. 彼の牛乳配達人について

「アイツはマジで最高だぜ。この前タダで乳糖フリーの牛乳を1パイントくれたんだ」

5. ノエルとの仲直りについて

「俺があいつと一緒にバンドでプレイするのを望んでると思う? あいつは『リアムが変わるべきだ』って言ってる。マジでクソヤローだな。もしあいつが一緒にバンドをやる気がないんだったら、俺もその気はないね」

6. オアシスの解散について

オアシスの解散に関しては俺のほうが失望したよ。あいつは本当に失望してるのかな。あいつがオアシスのことで失望したなんて言ってたの俺は今まで聞いたことないぜ。だって、奴は欲しいものを手に入れたんだからな」

7. ノエルがブラーのデーモン・アルバーンとの交友関係について

「次は誰なのかね? ロビー・ウィリアムズが次は奴のアルバムに登場するのかい? 警察を呼んでならなくちゃなるな。言うなれば、1700万ポンド(22億5千万円)の家にノエルは住んでるだぜ。あれで変わったんだと俺は思ってるんだ。ふさわしい家具に、ふさわしいキッチン、ボノおすすめのふさわしい赤ワイン。そして、デーモン・アルバーンとも友達になったんだろ。よろしくやってるみたいだな。でも、俺は関係ないけどな」

8. 政治について

「首相に関する質問は好きだけどな。政治のことは気にしてないんだ。テリーザ・メイや他のバカがうまくやってくれるだろう」

9. 最近の音楽シーンについて

「本当クソだよな。俺がいなくて退屈だったんだろ? 俺のゲームじゃ誰だってやられちまうからな。誰だってな。インタヴューだって、写真撮影だって、レコードだって、ステージだってね。それに俺の世代にはステージで好き勝手しても許される奴らがたくさんいるんだからな」

10. 今後リリースされるソロ曲について

「何曲かデモをとったんだけどね。なんていうか…、俺はソロ・キャリアに乗り出そうとしてるわけじゃないんだ。ぜひみんなに知っといてもらいたいね。レコーディングする価値のある曲が10曲か11曲あるだけでね。曲はイケてるし、かつアティテュードを持ったものになっててね、メロディは最高で、歌詞はマジで笑えるんだ。」

11. その新曲がいつ聴けるのかについて

「今年レコーディングをやって、来年リリースするつもりだよ。みんな衝撃を覚えるだろうね。これは俺が曲を書いたレコードで、あるべき要素だけでできてて、すごくいいサウンドを持ってるんだ。考えこむような音楽じゃないけどな。ピンク・フロイドでも、レディオヘッドでもないからさ。そんなものじゃない音楽なんだよ」

12. 公開予定のオアシスのドキュメンタリー映画について

「映画の中のノエルが懐かしかったよ。あれこそ俺の知ってるノエルなんだ。あいつのことは大好きだしね。家で座って、あいつの写真に泣きかけてるわけじゃないけどね。あいつだってそんなことしてるわけないしさ。でも、俺にはエネルギーがあって、奴がそのエネルギーを恋しがってるほうに賭けるね」

13. 木について

「こないだ木に登った。ヒースを走っててふと『カッコいい木だな。登ってみるか』って思ったんだ。木に登って10分間フードをかぶりながらそこに座ってたよ」

14. ノエルについて、再び

「たくさんの人がノエルについては落ち着かなきゃいけないよって言ってきたさ。そいつらがツイッターを止めるまで、止めないよ。そういうアホはいつも俺にそういうことを言うんだ」

15. ノエルに関するツイートについて

「ああしたツイートにあいつが苛立ってたって聞いたよ。別の週には彼をムカつかせてる唯一のものが俺のツイートだって誰かが言ってたな。よし。続けることで、どんどん大きく、いい形になっていったんだ」

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ