GETTY

Photo: GETTY

キッスのシンガーであるジーン・シモンズは再びプリンスの死について議論を呼ぶコメントを行い、プリンスが亡くなることを選んだとほのめかしている。

プリンスが亡くなって間もない5月に、ジーン・シモンズはその死因について正式に発表される数週間前に、ドラッグのオーヴァードーズで亡くなったと発言していた。

今回、米ラジオ局「FM99 WNOR」とのインタヴューでジーン・シモンズは次のように語っている。「俺はプリンスを知ってたし、デヴィッド・ボウイも知っていた。ボウイは病気で死んだわけだよね。プリンスはドラッグで死んだんだ。マイケル・ジャクソンもだ。ドラッグが彼らを殺したんだよ。でも、それは自ら選んだものなんだよ」

ジーン・シモンズは次のように続けている。「彼らがそうなってしまったことが悲しいよ。だって生きる十分な理由があるだろう。ファンを傷つけて、みんなを傷つけたんだ」

5月のコメントの際、ジーン・シモンズは謝罪を迫られている。「中毒者の家族や友人にドラッグがしてきたことへのものすごい怒りというのは長年抱えてきたものだったんだ。言うまでもなく、適切に自分の考えを語れてなかったよ」

しかし、今回のインタヴューで彼は次のように語っている。「俺は事実としてそう言ったんだ。俺は彼がドラッグの使用のせいで死んだと言った。人々はすごい怒ったけど、でも、それが彼の死んだ理由だよ。ドラッグっていうのは自分勝手なものだよな。今の世代や、ひとつ前の世代はドラッグをやることは人生の一部だった。でも、俺はそれを拒否したんだ。火遊びをすれば、火傷することになるんだよ」

ジーン・シモンズとバンド・メンバーのポール・スタンレーは、アルコールもドラッグもやらないことで知られている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ