GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーが「ファンのために」オアシスの再結成を望んでいると発言している。

オアシスは2009年、リアムと兄ノエルの諍いのために解散している。解散以来、バンドの再結成に関する噂は流れることがあったが、リアムがオアシス解散後に結成したバンド、ビーディアイが2014年に解散したことで、その噂はエスカレートしている。

リアムは『Q』誌に「オアシスが再出発することを俺は信じてるし、それは輝かしいものになるだろうね。もし本当にファン次第では、ノエルだって、やるかもしれないしね。だって、ファンはそれを望んでいるわけだからさ。1年間。1年間だけツアーをやるんだ。俺らはめちゃくちゃにやるよ。俺のカバンにはまだ前回のツアーの荷物が詰まったままだからな。準備はできてるよ」と語っている。

リアムが兄ノエルや昔のバンドメンバーとよりを戻すのに熱心な様子であるにも関わらず、ウェブメディア「フィメール・ファースト」の取材でリアムは、ノエルと同じバンドでプレイしたくないとも語っている。

「俺があいつと一緒にバンドでプレイするのを望んでると思う? あいつは『リアムが変わるべきだ』って言ってる。マジでクソヤローだな。もしあいつが一緒にバンドをやる気がないんだったら、俺もその気はないね」

「俺を必要としてない奴のいるバンドではプレイしたくないね」

またリアムは、ノエルを「低身長シンドローム」であると非難し、「サウンドチェックではいつもあいつは真ん中に立って歌ってたぜ」と語っている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ