Derek Bremner/NME

Photo: Derek Bremner/NME

マーク・ロンソンは、香港での公演をビザの問題でキャンセルしなければならなかったことについて「ひどくがっかり」しているという。

マーク・ロンソンは8月18日に香港にあるレベルズ・ナイトクラブでスペシャル・セットを披露する予定だったが、しかしイベントの始まるたった数時間前にビザの問題に見舞われ、公演を行うことができなかったという。

マーク・ロンソンはツイッターを通して次のように述べている。「親愛なる香港へ。僕は僕の手に負えないビザの問題のせいでレベルズでDJができないということに、とても、本当に、ものすごくがっかりしているんだ」さらに彼は続けて次のようにツイートしている。「DJすることを本当にものすごく楽しみにしてたんだ。それは僕にとって初の香港のクラブでのライヴになるはずだったしね。ライヴが行われないことにすごくがっかりしてるよ」

続けて彼は次のように続けている。「解決するために、あらゆることをするつもりだったんだ。でも、方法はないと言われてしまってね。チケットを持っているすべての人に対して、心から残念に思ってるよ。すぐに会えることを願ってるよ」

そして、最後に「ひどくがっかりしてる」と再びつぶやいている。

マーク・ロンソンは、明日から開催のサマーソニックに出演する予定となっている。

マーク・ロンソンはレディー・ガガの最新アルバムを「本当に素晴らしい」と評している。

マーク・ロンソンは「Beats 1」の番組で「このアルバムにしばらく取り組んでたんだ」と語っている。

デジタル・スパイによると、マーク・ロンソンはアルバムの内容についてはあまり多くを触れず、次のように語っている。「別に恥ずかしそうにしているとかではなく、僕がどうこう言いふらすことでもないと思うんだ。時期が来たら彼女の口から発表されるべきだしね」

「ただ、今まで僕が取り組んだことのある音楽の中でも特に好きな部類だし、本当に素晴らしいんだ。大好きだよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ