GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーが、元ブリンク182のギタリストのトム・デロングの「リアム・ギャラガーはこの世で最もパンク・ロックな存在」という発言に対して反応を示している。

アーニー・ボールによるミュージシャンたちのドキュメンタリー・シリーズ「ザ・パースィート・オブ・トーン」の最新エピソード予告で、トム・デロングが、オアシスと同じ日に3人でラジオ番組に出演し、パフォーマンスした思い出を語っている。

「俺はキャップを横向きにかぶり、鼻にはピアスをして楽屋に座っていた時のことを思い出すよ。ドアが開いて、トレンチコートを着てビートルズの髪形をした男どもが入って来た。俺の最初のリアクションは『クソッ、めちゃくちゃクールだ。でも、あいつらパンク・ロッカーじゃないな、まあいいけどさ』というようなもんだったんだ」

トム・デロングは、パフォーマンスの後にリアム・ギャラガーが衣装部屋に入ってきて、彼らに「ブリンク182か」と訊いてきた話を続けている。「彼は『アメリカで見た中では最高だ』と言ったんだ。俺は『俺らのことが好きなのか!』と言うと、彼は『そうは言ってないけど、アメリカで見た中では一番だったよ』と言って、ドアを閉めたんだよ」

「それで、俺は他のヤツラを見て『すげえな、あいつは俺が人生で出会った人間の中で一番パンクロックなヤツだ』と言ってさ。その後、オアシスの大ファンになって、その日以来、パンク・ロックを聴くのをやめて、他の音楽を聴き始めたんだ」

これに対してリアム・ギャラガーはツイッター上でトム・デロングの発言を笑い飛ばしている。

「この世で最もパンク・ロックな存在、ハハ。お前はお前自身みたいなクソ野郎にしかまだ出会ってなかったんだよ」

トム・デロングがリアム・ギャラガーとの思い出について語る動画はこちらから。

トム・デロングはまた、オーストラリアでジョー・ストラマーに出会った時に「心を開け」と諭され、パンクの意味について語ってくれたことを語っている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ