PRESS

Photo: PRESS

カイザー・チーフスが来たるニュー・アルバムからの新曲を公開している。

新曲”Hole In My Soul”はプロデュースをブライアン・ヒギンズ(ゼノマニア、ガールズ・アラウド、ペット・ショップ・ボーイズ、ニュー・オーダー)、ミックスをセルバン・ゲニア(ザ・ウィークエンド、リアーナ、ベック、テイラー・スウィフト、ジャスティン・ティンバーレイク)が手掛けている。

この曲は10月にリリース予定の通算6作目のアルバム『ステイ・トゥギャザー』に収録予定で、2014年以来のアルバムである本作にはMNEKやワン・ダイレクションのソングライターであるウェイン・ヘクターとのコラボレーションも収録される。

新曲“Hole In My Soul”の音源はこちらから。

フロントマンのリッキー・ウィルソンは新しいアルバムについて次のように語っている。「前回のアルバムの曲を書き終えた時、僕たちは人々にとって最も重要なことはそれぞれの生活で何が起こっているかだっていうことに気付いたんだ。彼らの”個人的な政治”、それが今回のアルバムの内容なんだ」

「もし『エデュケーション、エデュケーション、エデュケーション&ウォー』が僕たちの”抗議”のアルバムなら、『ステイ・トゥギャザー』は僕たちの”結び付き”のアルバムと言えるね。ブライアン(・ヒギンズ)は曲作りやレコーディングにまったく異なったアプローチを持ち込んでくれて、短期間にもかかわらず学ぶことがとても多かったよ。同時に僕たちは新しいアイデアやサウンドを試して、結果的には今までになく新鮮なサウンドのカイザー・チーフスのアルバムになったんだ。君が聴いたことのあるカイザー・チーフスのどのアルバムにも似つかないよ」

先日、リッキー・ウィルソンは『NME』誌に対して次のようにも語っている。「音楽の環境は変化してしまったよね。『僕たちはバンドだ。それはつまり、僕たち5人でひっそりと音楽を創り上げるってことだ』って言って、10年前は他のミュージシャンとの共作は断ってきたんだけどね。でも、それは馬鹿げた考えだったよ。どうしてエゴのために、曲がより良くなる可能性を潰す必要があるんだい」

また、カイザー・チーフスは2017年にツアーを行うことを発表している。チケットは現地時間の8月26日午前9時に販売が開始される。

UKツアーの日程は以下の通り。

スランディドノ, ヴェニュー・カムリ・アリーナ (2月22日)
ボーンマス, インターナショナル・センター (2月24日)
バーミンガム, バークレーカード・アリーナ (2月25日)
プリマス, パヴィリオンズ (2月27日)
ブライトン, ブライトン・センター (2月28日)
ロンドン, ザ・O2 (3月1日)
マンチェスター, マンチェスター・アリーナ (3月3日)
リーズ, ファースト・ダイレクト・アリーナ (3月4日)

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ