GETTY

Photo: GETTY

ワン・ダイレクションのメンバー、ルイ・トムリンソンとナイル・ホーランが、WhatsAppで「嫌な感じの」メッセージを受けてからスマホの番号を変えざるを得なくなったと明かしている。

「番号を変える時だな……。WhatsAppで嫌な感じのヤツをいくつかもらってるんだ……負け犬たちめ!」と8月16日、ルイ・トムリンソンはツイッターで呟いている。

「僕もだ、友よ」とナイル・ホーランがこれに応じている。「一部ひどい内容を言ってる人たちがいるね」

「たぶん彼らにラップ・バトルを仕掛けて、64小節でやっつけなきゃならないのさ」と、フランクな感じでルイ・トムリンソンは続けている。その後、ナイル・ホーランはシンプルにこう呟いている。「いつになったら嫌がらせを止めるんだろう」

いつになったら嫌がらせを止めるんだろう

ワン・ダイレクションは今年の初めから活動を休止している。今年、デビュー・アルバム『マインド・オヴ・マイン』が全英・全米アルバム・チャート1位になった元バンド・メイトのゼイン・マリクの歩みを追って、リアム・ペインが最近、キャピトル・レコードとの契約後、ソロ活動に入ることを宣言した。しかし、シングルにしてもアルバムにしても、詳細はまだ明らかにしていない。

一方、ハリー・スタイルズは、クリストファー・ノーラン監督が第二次世界大戦を描いた映画『ダンケルク』に出演が決まっているが、その役回りについては明らかになっていない。ハリー・スタイルズもまた、音楽で何らかのソロ活動を行うことを目論んでいると噂されている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ